未分類

3通目 ほかのデメリット

おはようございます!

笹川貴史です(^^♪

 

 

朝から全力で過ごしすぎて、午後には

昼寝を取り入れるのが日課になっています!

 

 

昼に15分寝るのは、夜に1時間寝るくらい

効果があると言われていますので、

もし、眠気に勝てなかったら思い切って

15分間の仮眠をとってみましょうね!

 

 

さて、最近のニュースでは、大手企業も

副業を解禁していると聞きますね!

 

 

私が特に衝撃的だったのが、一部公務員

の副業が解禁されていることや、

ソフトバンクが副業を解禁したことです。

 

 

このことからわかるように、今の時代、

会社の給料以外に副業で収入を

得なければいけない時代となってきました。

 

 

高度経済成長期にできた終身雇用制度は

崩壊しつつあり、安定が売りの公務員も

少子高齢化の風を受け、副業を解禁するしか

ないような時代が来ているということです。

 

 

大手企業さえ副業を解禁するような時代が

来ているのに、中小企業は更に不安定な

経営をしているでしょうね・・・

 

 

なので、今からでも会社の給料以外に

生活をするためだけの収入源は確保しておく

ことが必須となってきますね(^^♪

 

 

会社員の方の多くが、まず収入を増やす

ために挑戦するものが【不動産投資】です。

 

 

先日、とある不動産コミュニティの方たちと

”現役公務員が失敗した不動産投資物件を

見に行く”というツアーをやっていたので

私も、参加してきました(笑)

 

 

物件は、千葉県の茂原というところにある

不動産物件でした。

 

 

物件価格は・・・約1000万円。

公務員でしたから、銀行の融資は簡単に

通ったそうです。

 

 

そのコミュニティの方たちがやっている

不動産投資とは、

 

1 競売物件をネットで見て自分で落札する

2 入居者が入るように、自分でリフォームや

  掃除をやっておく

3 入居者が入らなければ、管理会社を変えて

  大手の管理会社と管理契約をする

 

 

とざっくりとこんな感じです。

 

 

まず、1番に書いているように競売で不動産

物件を落札すると書きましたが、

そもそもこの時点で素人にはハードルが高い。

 

 

良い物件だ!と思ったら、一瞬にして

銀行から融資を借りた際の利息を計算し、

家賃収入を考えて利回りを計算する。

 

 

ちんたらと悩んでいると、すぐに別の

希望者に不動産物件を買われてしまう

とのことでした(笑)

 

 

競売物件とは、そもそも債務返済の滞った

人達の債権として裁判所が売り出すものです。

 

 

物件は、格安なのかもしれませんが、

債務返済が滞った人達が住んでいただけに

ゴミ屋敷状態・・・なので数百万かけて

内装を全部リフォームすることも。

 

 

次に、入居者が入る前の掃除や

リフォームですが、これがまた大変・・・・

都内の不動産物件は、人気がありますし、

価格も高いから当然購入できない。

 

 

となると、千葉や新潟などの地方に

物件を持つことも珍しくありません。

 

 

そんなところに、会社が休日の時に

出向いて掃除だけ済ませて帰るなんて

移動費も時間も非常にもったいない。

 

 

そして、極めつけは入居者が入らなかった

時のダメージが半端じゃないということ。

金銭面でも、ダメージは大きい。やる気がない

管理会社であれば管理替えも自分でやる。

 

 

不動産投資で大赤字になった例として、

大学近くの物件を購入したものの、

少子化の影響を受け、大学が閉鎖・・・

 

 

もともと大学生の入居者が絶えないという

メリットから購入したのに、一気に

家賃収入が入らなくなり、売りに出しても

買い手が見つからないといった状態に。

 

 

実際に見学した物件は、築年数40年。

4室ある部屋のうち3室入居しているけど、

残りの1部屋が購入してから約1年間も

入居者が入らないとのことでした・・・。

 

 

結局月々の手残りは1万円のみ。

しかし・・・先日、入居者からエアコンが

壊れたとの連絡が入り、修理や取り付け代で

9万円かかったそうです。

 

 

見学が終わりに近づき、みんなで食事を

しているときの話がこれまたエグい・・・

 

 

その公務員は、「購入して失敗した」と

言っているのに、周りの方たちからは

「そんなことないよ!早く満室にして、

売却すれば買った時くらいの値段になる!」

 

 

「早く売って、借金をチャラにしてから

また新しい物件を買ったらいいよ!」

 

 

・・・約1年間をかけ、1000万円も

借金をして休日に掃除やら管理替して。

それなのにまた0に戻ってしまうなんて

考えただけでも死にたくなりますね。

 

 

いかに不動産投資の競争率が高く、借金の

リスクも計り知れないものだと

感じさせられる見学会でした・・・

 

 

不動産投資をして、家賃収入だけで

生活するにはそれなりの資金と知識が必要で

あとは大きな金額の融資を何件も受ける

度胸が必要なのだと感じました。

 

 

ツアー参加者の中には、不動産投資の勉強を

始めてから、約5年目にして初めて物件を

購入したという方もいらっしゃいました。

 

 

もし、その5年間を不動産投資ではなく

インターネットビジネスにあてたとしたら

どんな未来が待っていると思いますか?

 

 

何度も書いているようにインターネット

ビジネスはリスクがないし、誰でもできる。

うまくいかなかったところで、借金を抱える

ようなことは、まずありません。

 

 

実は、”リスクがない”ということで

ライバルが非常に少なくなります。

 

 

だって、途中でやめたところで、自分の

財布にダメージがありませんから、勝手に

ライバルは脱落していくんです(笑)

 

 

インターネットビジネスで挫折してしまった

人も”現状が変わらないだけ”で、普通に

会社員を続けていれば生活には困りません。

 

 

どのビジネスもそうですが、会社のように

実績を管理されているわけでもない、

作業をやらなくたって怒ってくる人も

いないからやらないわけです。

 

 

会社員であれば、年収1000万円を

もらえずに退職してしまう方が大半ですが、

インターネットビジネスなら20歳代でも

年収1000万円稼げる可能性は大いにある。

 

 

・毎日Facebookで投稿する

・毎日ツイッターで30フォローする

・1日1記事必ず書く

 

 

これを一年間続けただけでも、圧倒的に

SNS媒体に力が付き、何かを売りたい

ときには、あっという間に売れてしまう。(笑)

 

 

例え、自分が思うような成果が上がら

なかったとしても、改善点を見つけ、

一つずつ修正していくことで必ず成功出来て

しまうのがインターネットビジネスなんです。

 

 

「でも、自分には他人に売れる商品なんて

作れないし・・・・」って悩んでいる方も

いるかもしれませんが、

 

 

少額のお金を出せば優良な商品やサービスを

誰でも買えるので心配する必要はありません。

 

 

インターネットビジネスで成功された方たちも

「今の時代、一人で稼ぐとか起業すると考えた

時に、一番低リスクで稼げるのはインターネット

ビジネスしかない!」と断言するほどです。

 

 

もし、今からインターネットビジネスに

挑戦してたった3か月後、3年後の未来を

想像してみてください。

 

 

最初は、要領がわからなくて手こずるかも

しれませんが、たった3ヶ月本気で取り組む

だけで、まずは会社の給料より稼げるように

なるので転職、退職してもいいわけです。

 

 

3年後には、完全に自分のビジネスモデルが

確立できるので、どこで何をしてようが

パソコン一つでお金を生み出すことも

できるようになってしまいます。

 

 

インターネットビジネス初心者や挫折して

しまう人の多くは、収入0から1を作る

段階で挫折してしまう人がほとんどです。

 

 

多くの方から、インターネットビジネスに

ついてのアンケートを取ったところ、

 

 

・思ったよりも作業が大変

・自分のやっていることがいまいち

 わからないままやっていた

・これからどうすれば収入を発生させることが

 できるのかわからない

 

 

などなど色んな事に悩んでいました。

 

 

私の【新個別レクチャー】では、それらの悩みを

全て解決し、どうすれば素人がインターネット

ビジネスで稼げるかを明確にしてあげますし、

 

 

きっとあなたの数か月後、数年後の未来が

ワクワクするようなお話をできると

確信しております!!

 

 

新個別レクチャーの準備も着々と進んで

おりますが、次のメルマガではあなたが、

 

 

【具体的に何をしなければいけないのか】

 

 

これをしっかりと明確にしていきます。

メルマガをしっかり読まないことには

どれだけ優秀な講師、優良な商品を扱った

ところで全く成果が出ません。

 

 

なので、次回のメルマガも一言一句

しっかりと読んでくださいね(^^♪

 

 

ではまた明日!

最近のコメント

    PAGE TOP