みんなプロの営業マンでなければいけないのか

プロの営業マンでなければいけないのか

おはようございます!!

笹川貴史です(^^♪

 

 

前回は、独占状態の商品やサービスを

選定する大切さについて書きました。

 

 

以前から何度も書いているように

ネットワークビジネスは自分の紹介者が

更に紹介者を出せるようにならなければ

収入は増えていかないと書きました。

 

 

私自身、公務員の経験しかなく、会社の

利益を求めて働くことや営業なんて

もちろんやったことがありませんでした。

 

 

なので、私がまず実践したこととしては、

自分が扱っている商品がどんなものなのか、

しっかりと理解することでした(^^♪

 

 

当然のことですが、自分の扱っている商品を

しっかり知らないと説明することが

出来ませんし、中途半端に伝えられた

紹介者にもメリットが通じません。

 

 

きちんと説明することで、今後紹介者が

紹介活動しやすくなりますし、そうなれば

勝手に自分のグループというものは大きくなり、

安定した収入につながります。

 

 

中には、どうしても人に商品の説明を

するのが苦手だという方がいますが、

決して自分一人でやる必要はないです。

 

 

自分がすごく口下手なら、説明が上手な人に

お願いすればいいだけなんです。ビジネスに

おいて最短で成果を出すためには他人を

真似ることが一番です。

 

 

セールスが上手な人のそばに居れば嫌でも

セールスは上達していきます。

まずは、自分一人で紹介者を出そうと

するのではなく、他力を使いましょう(^^♪

 

 

また、短所をいつまでも直そうとしても

仕方がありません。私の短所と言ったら、

・ 見た目が悪い

・ 学歴が乏しい

・ 話していてあほ丸出し

・ 細かい作業苦手・・・

 

 

言ってるとキリがないくらい出てきますが、

短所をすべて直してからビジネスに取り組んで

いこうなんて考えていません。

 

 

私の短所をカバーしてくれる優秀な人と

パートナーになれば良いだけなんです。

 

 

もちろんお互いにメリットがなければ手を組む

ことはありませんから、私も相手に出来ることを

最大限してあげています。

 

 

物販や投資は、確かに一人の力で稼ぐことが

出来ます。しかし、他人の力を借りることによって

自分の力以上の成果が得られることは確かです。

 

 

一般的な会社は、上司、部下、同僚を選ぶことは

出来ませんから、中には気が合わない人がいたり

理不尽なことを言ってくる上司もいるわけです。

 

 

しかし、MLMは自分と気の合う人しか声を

掛けなくていいわけですから、いつも一緒に

居て楽しいメンバーとしかビジネスをしない

状態になっていきます(^^♪

 

 

今、※※さんがサラリーマン、公務員として

働いているなら、家族より長く時間を

過ごしているのは、きっと職場の人間です。

 

 

それが定年まで続くと考えたときに

一度の人生なのに、嫌いな人と一緒に

仕事をし続けていくことに疑問を持ちましょう。

 

 

今の時代、会社に一生縛られ続けるだけが

正しい道ではありませんから、今一度自分が

どうなりたいのか考えてみてください(^^♪

 

 

本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

最近のコメント

    PAGE TOP